不妊治療の入門書

不妊治療を続けて子供を授かる~ニューハート~

仕組みを学ぶ

女医

不妊治療を行う前に、基本的な知識を学ぶ必要があります。妊娠とは、ただ性行為を行ってできるものではありません。妊娠は、様々なタイミングが重なって揃い初めて成立し妊娠するのです。名古屋の不妊治療を行なう病院では、この妊娠に付いてのことを学ぶ事から始めます。また、この妊娠する過程を8段階に分けて、それぞれの機能を検査を行います。

まずは、卵巣で卵子が成熟し、正しく排卵されている検査を行います。基礎体温や超音波検査、ホルモン検査などを駆使しで卵子の成熟、正しく排卵されているかを調べていきます。今の医学では調べる事が出来ませんが、卵巣から排卵された卵子は、正しく行われていれば卵管采にキャッチされます。次に、卵子と精子が受精するかを調べます。この受精を調べる方法は、精液検査、精巣検査、ヒューナーテストといった方法で調べられます。受精に成功すると受精卵が、卵管内を通りながら子宮にまで運ばれます。この検査を行う方法として、クラジミア検査と子宮卵管造影検査などの検査方法で受精卵が運ばれたかを確認します。最後に、受精卵が子宮に定着する必要があります。子宮に以上がなければ何の問題もなく定着して発育し、初めて妊娠が成立します。妊娠を行なうまでの過程は長く容易ではありません。名古屋の不妊治療を行なうところではこのような検査からしっかりと行なうため安心して受診することが出来ます。名古屋の不妊治療を専門とする病院では、妊娠のケアもしっかりと行っています。名古屋だけではなく多くの不妊治療行なう病院が、未来生まれてくる子供のためにしっかり治療を行ってくれます。

Copyright(C) 2015 不妊治療を続けて子供を授かる~ニューハート~ All Rights Reserved.

トップページへ